標準工程

シボ加工の標準的な工程を紹介します。

1.洗浄

金型についている油や埃を除去します。

1.洗浄

2.マスキング

加工しない金型の側面・底面をテープや塗料でマスキングします。

2.マスキング

3.模様付け

耐酸性のインクで金型表面にシボ柄の基本となる模様を描きます。

3.模様付け

4.腐食

酸性の液などを使って金型表面を腐食します。
耐酸インクに覆われたところは腐食されずに残り、露出しているところだけが腐食されます。
これにより金型表面に凹凸ができます。

4.腐食

5.仕上げ

サンドブラストもしくはガラスビーズで光沢調整し完了です。

5.仕上げ

トップへ