SKYシボ

スカイシボは塗装調仕上げを再現するために当社が開発したシボパターンです。塗装工程なしで、塗料を吹付けたかのような仕上げを成形品上に施すことができます。

その特徴は見た目だけでなく、「汚れ・キズに強い」ということ。 汚れがつきにくく、たとえ汚れがついてもその汚れを除去するのが容易です。またキズがつきにくい、キズがついても目立ちにくいという利点があります。

SKYシボ

SKYシボ

従来のなし地

従来のなし地

上の図は成形品の表面拡大図です。従来のなし地は独立した凹部で構成され、基準面に穴があいたようになっています。この状態ですと汚れが穴に入りやすく、いったん穴に入った汚れを取るのは容易ではありません。

それと比べてスカイシボは独立した凸部で構成されています。図を見て明らかなように布などでサッと拭くだけで汚れが落ちやすい形状です。

キズが一番目立つのは連続した平面(基準面)にキズがついた時です。スカイシボの連続平面は凸部より低い位置にあります。そして従来のなし地と比べて、表面の当たり面積が小さいためキズがつきにくいのです。スカイシボがキズに強い理由がここにあります。

特許番号 3080367号

トップへ